差が出るお部屋探しのコツ教えます!

差が出るお部屋探しのコツ教えます!

Barrack&Bristol 2018年2月8日 0 Comments

ひと昔前であれば、不動産屋を数件回る・・・というのが王道でしたが、今はネットでの検索が主流となっています。ここでは、お部屋探しを始める前に、事前準備から入居までの流れや探し方のコツをご紹介いたします。

■お部屋の見るべきポイント
南向きかどうか日当たりをチェックします。また昼間ならば隣のお部屋の騒音や近隣の施設なども確認しておきます。例えば、近所の学校や保育園の声が気になったり、近くのラーメン屋からスープを煮込む臭いがしたり・・・といったこともありました。

■住民の質や治安の良し悪しは、ごみステーションや郵便受けに現れる
ゴミが散乱している玄関付近には郵便受けがありますが、ここにゴミが散乱しているマンション・アパートなどは、管理がいき届いていない良い例です。また、ゴミ集積場についても同様です。合わせて、24時間ごみ捨て可能であるかどうかも確認しておくと良いでしょう。

■いまや基本!?インターネット使い放題、エアコン、オートロックや追い炊きなどの「設備」

■内覧は必ずする
ネットで目星をつけたら、直接お店に行くようにします。タイミングが良ければ、メディアには掲載されていない(掲載前の)最新情報が手に入る事もあります。また気に入った部屋が見つかったら、必ず現地を下見すること。これは、賃貸を借りるにあたり、失敗しないための大切なプロセスです。

■お部屋探しのコツ 家賃相場を知る
家賃の相場は、地域によりまちまちです。でも、ある程度の「相場」を知っておくことで、希望物件が相場よりも「良質」なのか?「劣る」のか?が、判断する事が出来るようになります。相場を知る方法としては、希望するエリアの物件と家賃を、インターネットやフリーペーパー、雑誌などで見ておきます。

■優先順位を決める
将来的に家族は増える予定か?駅に近い方がいいのか?家賃はどのくらいがいいのか?いろいろな希望条件を優先順位を決めてから探した方がおすすめです。タイミングがあえば、数時間で良い賃貸物件を契約できるようになります。

■予算はどのくらい?
お家賃の理想的な価格は、月収の3分の1以下までの予算が無難です。

■お部屋探しの時期は?
お引越ししたい時期の1カ月前というタイミングで物件探しを始めるようでは、好みの物件に巡り会える可能性はかなり減ってしまうでしょう。また、基本的に、物件は長期間予約しておくことができません。時期としては、1月から3月は、進学や就職、転勤などがあり、人が動く時期です。物件も年間を通して一番増える時期なので、自分好みのお部屋に巡り会えることができる時期といえます。 時期が決まっていない場合は、6月〜8月にお部屋を探すのがオススメ。人も動かないシーズンなので、繁忙期よりも、フリーレントなどのサービスを適用している物件もあります。

Share: